チンさん投資塾

投資歴40年ですが達人ではないです。特別な才能がない普通人がリタイア後の資産を株式投資で失敗なく確実に作れる方法を発信しています。お金のかからなくて楽しいリタイア生活も発信中。

【保存版】【堅実モデル】長期見込みリターン作成

2021年9月3日 金曜日雨

 

こんにちはチンさんです。

今日は動画のコメントで頂いていたリクエストについてです。

それは「長期期待リターン堅実モデルを発表」の数字を詳しく知りたいというリクエストでした。

 

米国株はコロナ以降は特に好調な上昇が続いていて嬉しい限りですが、現在を起点にして過去の10年リターンを採用していいものだろうか?という疑問はあります。

 

そこで最近の特に好調なデータを除いた長期の実績をもとに各株式のリターンの見込みを作成しました。今回は一番堅実なモデルです。

 

現在の過去10年の株式リターンは非常に高め

現在の過去10年の数字は長期で見ると非常にリターンが高い期間に属します。したがってこの数値を将来に適用すると将来数値が下ブレる可能性があります。現在の数値はこちら。ドル建て。8・14

 

 

全世界

先進国

米国

Nasdaq100

新興国

日本

米以外

 

VT

TOK

VOO

QQQ

VWO

EWJ

VEU

10年リターン%

11.6

12.8

16.6

22.5

4.7

7.4

7.1

15年リターン

 

 

10.7

16.8

6.7

3.5

 

10年と15年のリターンは大きく違っています。

これからの長期の投資を考える時あまりにいい現在の成績を基準にしていると期待ハズレでがっかりするかもしれません。そこで一番手堅い数字を探してみました。それが

シーゲル博士の210年リターン

S&P500は1802年から2012年の210年で実質6.6%のリターンを上げたとあります。

これには第一次世界大戦第二次世界大戦などの戦争や恐慌、さらには南北戦争まで含んでいます。そして実質リターンですからインフレも調整済みです。ちなみにその間のドルの下落率は年率1.4%です。

今後はインフレ率を除去した実質リターン一本で行きましょう。

S&P500以外のリターンを類推する>

S&P500の過去10年のリターンとこの6.6%のリターンを比べると0.52倍すればいいです。そこで強引ですが他の地域も0.52倍してリターンを求めました。

<堅実モデル>

 

全世界

先進国

米国

nasdaq

新興国

日本

米以外

 

VT

TOK

VOO

QQQ

VWO

EWJ

VEU

10年リターン%8・14

11.6

12.8

16.6

22.5

4.7

7.4

7.1

X0.52表面リターン

6.0

6.7

8.6

11.7

2.4

3.8

3.7

実質リターン

4.0

4.7

6.6

9.7

0.4

1.8

1.7

S&P500とナス100を等分に投資した場合のリターンは年率8.3%(実質)です。

ご注意 単にS&P500に数字を合わせただけですので新興国、日本、米以外ではこの数字を外れる可能性は高いです。ですから単なる目安として使用してください。全世界、先進国では比較的ブレないでしょう。

 

<このリターンを使用することのメリット>

1 好調な直近8年間が除かれていてその影響が排除されている。

2 これ以下のリターンには長期ではなりにくい。たいていの場合上振れする。

3 長期積立の今後の見積もりが堅実に行える。

 

<堅実モデルでの複利計算表>

一括で投資した場合の□年後の増え方の表はこちらです。ブレる可能性が強い新興国、日本等は除きます。

 

全世界

先進国

S&P500

ナス100

8・14

VT

TOK

VOO

QQQ

リターン%

4

4.7

6.6

9.7

元本

100

100

100

100

5年後

122

126

139

162

10年後

149

160

193

263

15年後

182

202

268

426

20年後

222

256

373

690

25年後

271

323

518

1119

30年後

331

408

720

1814

35年後

405

516

1001

2941

40年後

494

653

1391

4767

  • 世界と米国を比較すると15年で増え方が(総額ではない)2倍の違いがあります。さらにナスダックは米S&P500の2倍の増え方です。
  • 30年では米S&Pは世界の3倍弱の増え方です。ナスダックはS&Pのほぼ3倍の増え方です。

 

<月5万円積立の場合の金額>

ドル建て

 

 

月5万円

堅実モデル

 

全世界

先進国

S&P500

ナス100

 

VT

TOK

VOO

QQQ

リターン

4

4.7

6.6

9.7

5年後

333

339

356

387

10年後

739

767

851

1015

15年後

1235

1309

1539

2032

20年後

1840

1993

2495

3682

25年後

2579

2859

3824

6356

30年後

3482

3953

5571

10690

35年後

4584

5337

8237

17715

40年後

5929

7086

11803

29104

○25年間S&Pとナス100を等分に積み立てれば実質5千万円の投資資産になります。

○〃30年では8千万円ほど。十分ですね。

 

自分の資産づくりに利用なさってください。現在のリターンを使うとナスダックなんか天文学的な数字になって実感がわきませんがこの最も保守的な堅実モデルなら将来設計がしやすいのではないでしょうか。

 

他に標準モデルも作りましたがそれは次回の記事にします。

 

それでは皆さんの投資がより充実することを願って記事を〆ます。

 

下をクリックいただければ順位が上がるので嬉しいです。よろしくおねがいします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
米国株ランキング

スポンサーリンク