チンさん投資塾

投資歴40年ですが達人ではないです。特別な才能がない普通人がリタイア後の資産を株式投資で失敗なく確実に作れる方法を発信しています。お金のかからなくて楽しいリタイア生活も発信中。

(普通人の)今年のNG3つ

ごきげんようです。

小寒だそうです。どうりで寒いはずですね。

1月5日記述

昨日は下げました。

明日のジョージア州上院選挙を通過しないうちは安心できませんね。

はしご乗りのイラスト

さて今まで今年の株式市場について

1全体としては上昇

その理由は

(1)実体経済回復

(2)緩和継続

が変わらないことです。

一時的にはコロナの流行やワクチン拒否や、変異種の問題はありますが峠は超えました。

またFRBの緩和姿勢も2022年までの緩和継続姿勢に変化はありません。

 

また金融政策を決定するFOMCの投票権メンバーが新たに2人のハト派が入れ替わったそうです。

「ダンさん」の動画でみました。

♣FOMCの投票権は12票

うち常に投票権を持つのがFRBの理事7名とNY連銀総裁の1名合計8名

残りの4票は連銀総裁12名のうちNY連銀を除いた11名が1年毎の持ち回りになります。今年は緩和的な人が2名加わったとのことです。

これにより少なくとも昨年よりは今年は緩和的な傾向になるはずで追い風です。

 

市場全体を買うインデックスは吉、報いられる

なので自信を持って投資を継続しよう。具体的にはVTI、VOO、QQQ

ハイテクが多い方は組み合わせる相手としてハイテクが少ないVIGも有力

 

普通人にNG3つ

初めに

すべての資産が上昇する可能性が高い

これから上げる投資が「下げる」からダメと言うつもりはないです。

むしろ緩和によりすべての資産が大きく上昇する可能性があります。

 

しかしそれと普通人がその波にうまくのって利益を上げられることとはまったく別問題です。むしろ損をする可能性が高いので気をつけてください

 

あとからチャートをみれば大儲け

昨年大きく上げたものもそうですよね。

あとからなら楽に運用できるのです。

しかし私達は生身の人間で「防衛本能」があるので

上下動の激しい対象は保持することができないのです。

 

上昇が予想される投資先一覧

1 コモディティ

金、貴金属、原油、ビットコインなど

2 債券

金利横ばいならオッケー、上昇なら債券価格は下落

ゆるい上昇の可能性はあり

3 不動産・リート

 

これらの上昇にはばらつきがあり乱高下します。

難易度高いです。売買能力が必要です。

 

NG1 相場を張る

上記のどれかで「上昇」をねらうことです。

うまく行っている人が目立ちますが普通人の合計ではマイナスでしょう。

そしてあなたは普通人です。

 

NG2 個別株

理由 インデックスに比べて3段階難しいから

選ぶ銘柄、買うタイミング、売るタイミング、の3つ

さらに決算チェックで保有継続かの判断も必要

 

(1)どの業界が来るのかわからない

たぶんローテーションで何回も入れ替わることでしょう。

波状攻撃に普通人は弱いです。

(2)昨年好調の小型ハイテクも期待値が上がっている

期待のクリアは大変です。決算ミスは→激しい売りを浴びます。

昨年末のZMが好例ですね。

 

(3)クリーンエナジーなど旬の銘柄、分野

取り扱い要注意です。やるならETFがオススメ【ICLN】がおとなしく【QCLN】はより激しい。日本での取扱あり。

 

(4)高配当株

「またかよチンさん、目の敵にしてない?」

と言われますね。

それだけ高配当株は人気があるということです。

それだけに注意も必要ですね。

 

理由はとにかく難しいこと

さらに昨年はまったく不振でしたが今年良くなるという理由もはっきりしません。

株ですから良くなるかも知れませんが、そんな不透明なものにかけますか?

より明確なインデックスで十分じゃないですか?

 

♣私的な理由は

今世界中で新産業革命が進行中です。コロナでさらにその回転が早まりました。

だから構造的に従来産業が多い高配当株はインデックスを上回れないのです。

ダウだって下回っているでしょう?

あのエリート軍団のダウでもS&Pを下回りQQQのはるか後ろです。

 

→普通人はインデックスを選ぶのが賢明

 

♣有名ユーチューバーがこの分野は多いので

「不労所得」「金のなる木」「魔法の箱」などのパワーワードに気をつけてくださいね

自己責任でやってみるのは自由です。

 

今「金を生む箱」はインデックスのことです

 

NG3 新しいものに手を出す

今までやっていたならともかく新規参入は凶です。

理由は

対象が良くても損をする可能性大

出口戦略ができてますか?

うまく行かない時はどうします?

 

結局損切りして逃げるしかないですね。そしてそれが正解です。

 

本業がおろそかになる

そして一番大きな理由は本来の投資が不十分になりやすいことです。

債券や、リートや、金は有望ではありますが長期では株式を下回ります。

一時の利益のために難しい時期にリスクを犯すのですか?

 

退屈なら、あえてやるならETF利用で

インデックスは退屈でという声をツイッターやサロンでよく聞きますね。

そういう場合は10%とか20%とか総額の枠を決めてETFでやられたら大波を小波に変えることができますよ。

 

今日はずけづけ申しました。

 

それだけ今年は迷いやすいと思うからです。

そして普通の投資家さんに、私もですが、ぜひ成功してもらいたいと願うからです。

皆様の投資の参考になれば幸いです。

 

今回の内容の動画はこちらです。

(普通人の)今年のNG3つ【チンさん投資塾】 - YouTube

お願い チャンネル登録お願いします。やっと9千名を超えることができました。引き続き応援よろしくおねがいします。

コメントもどしどしください。

 

お願い 下をクリックして応援いただければ嬉しいです。よろしくおねがいします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 米国株ランキング

スポンサーリンク

   

 

www.tingisuhan.com

www.tingisuhan.com

www.tingisuhan.com