チンギスハン米国株永久投資

米国株に永久投資中。投資歴40年ですが達人ではないです。凡人でも成功できる方法を実践うまくいってます。その方法を発信しています。みんなで一緒に成功しましょう!今68歳ですでにリタイアしてます。リタイア生活はお金をかけずに地方で楽しく暮らしています。年寄りですがみなさんと一緒に前進できるとうれしいです。コメントもどしどしください。よろしくお願いします。

新しい世界のNGワードベスト3、高すぎる、遅すぎる、下落が来る!

2020年6月4日(木)記述

米国株の勢いが止まりません

昨日は復活組、出遅れ組の日でした。上昇が大きい方から

ラッセル2.39%、ダウ2.05%、S&P1.36%、ナスダック0.78%

本当にこの序列はここのところ不動ですね。

復活の日はこの順番が決まりです。

 

したがって航空とかカジノとか不動産は上げました。

DALが7.8%MGMカジノが11.3%不動産ETFのRWRが4%、XOMが4.1%上昇

この中で不動産はもっと出遅れると予想していましたがもう始動したようです。

下はETFのEWRです 83.38ドル

 

f:id:tingisuhan:20200604110308p:plain

これを見ると「しまった、もっと早く買っとけばよかった」「8営業日前なら10%以上安く買えたのに!」「もう遅すぎる」

と感じますよね。長期的な買いはわかりませんが中短期の売買の教科書的には

 

→「そんなことはない!買うなら今でしょ!」というのが今日のテーマです。

 

なぜなら

1 8営業日前は確かに50日線を越えたけど①出来高減少中②MACD?③下落トレンド中と受け取れる

ので長期はともかく短期では買いのタイミングとしては確実とは言えません。

2 前の2つの高値を越えた昨夜がまさに「買タイミング」と言えます。

→逆にそれがわかっているので昨日急伸したのだろう!

3 だから昨日を起点と考えるべき。買遅れていない。

といえます。

 

もう一つのETFのIYRとの比較は

IYR 82.32ドル 経費0.42% 配当3.7% 3.2B

RWR 83.38ドル 経費0.25% 配当4.5% 1.5B

です。迷うならどちらも買えば問題なしです。

経費や配当的にはRWRが魅力を感じます。確かもみあげさんに比較記事がありました。

米国リートETFがオススメの理由とは?リートの投資方法 - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-