チンギスハン米国株永久投資

投資歴40年リタイア済の67歳シニア。凡人投資家が米国株永久投資

「株と現金のどちらを選ぶ?」のアンケートお願いしてみた、結果は?

現金と投資についてアンケートをお願いしました

「このところアンケートばかりしているなあ、ちょっと多すぎない!」

とお叱りを受けそうです。

確かにそうですが興味があったのです。

だって米国株対象でこんなアンケート見たことないでしょう?

みなさんがどんな風に考えているのが知りたくないですか?

「ごたくはいいから早く資料を出せ!」

 

「はい」というわけで今回のアンケートはこちら

f:id:tingisuhan:20191224202848j:plain

補足として持ち株は任意でOK、ただしイメージしにくければS&PのVOOと仮定してください

選択肢は次の3つです。

A 現金1億

B 株式1.1憶分

C 株式5.5千万分+現金5千万

 

さてあなたはどれに入れますか?

また結果はどう予想しますか?

 

今回はそんなに意外ではなかったです。

「お前の感想なんぞ聞いておらん、早く出せ!、まったく、ぐずなやつめ!」

ですね!

ジャーン

f:id:tingisuhan:20191224203657j:plain

どうでしたか?

今回は1532人の方に参加いただきました。ありがとうございました。

またコメントもたくさんもらいました。

スポンサーリンク

   

A 現金1億

とりあえず現金で手元に確保したいみたいな感想がありました。

キャッシュイズキングです! クイーンでもいいけど。

あるいは現在高値更新中なのでこの辺が高値のあたりだろうという意見の方も多いでしょう。

 

B 株式1.1億

すごいです。仮定の話とは言え、ずばり株式投資を芯から信じていますね。

20年前にアンケートを取れば、しかも日本株なら10%もなかったことでしょう。

とにかく米国株式のレベルの高さを感じますね。

 

C 株式+現金半々

これが一番多いだろうなあと予想していましたが僅差で外れました。

最高値を更新している現状では「フル投資」はどうも気が引けます。

来るべき買い場に買えるようにいくらかは現金で保有しておきたいです。

アンケートでは半分にしましたが、3分の1とか4分の1を現金で保有の方もこれに含まれるでしょう。

クリスマスプレゼントを運ぶサンタとエルフのイラスト

理屈っぽくて恐縮ですが、原点に立って考えてみましょう。

どれがいいとか悪いとかの評定はしません。

ただし合理的であるかどうかは押さえておきたい点です。

1 株式と現金は同等物か?

株式→現金

は即座にできます。

だから株式は現金の同等物と言えます。

税金を引いて1.1億の株=1億の現金です。

 

現金→株式

はどうでしょう?

1億の現金=1憶の株ですね。

上と比べて差が出ています。

 

税の流出があるからです。

 

細かい話で、しかも理屈っぽくてごめんなさいですが

そうすると1年に平均5%のリターンがあるとすると

年に1千万の投資分が違ってきます。

50万円ですね。

 

その分が「株式」の方が理論上は有利です。

 

どうせ税を払うとしても後ろにずらすほうが有利です。

税務署に叱られそうですが「大きく太らせてから」いつかは払うので税務署もウインでしょう。

スポンサーリンク

 

2 心理的に、現実的に凡人は現金→株式には抵抗がある

機動力がある人にとっては現金→株式は何でもないです。

しかし凡人の場合は心理的な抵抗は大きいです

失礼ですが凡人度が高いほどストレスになります。

 

だから「株式投資をしっかりしたい人」にとってはすでに投資をしてある方がはるかに楽で価値が大きいです。

 

 3 ほとんどの素人にとって永久保有はベストの作戦に思う

税金分の違いを除けば、機動力の高い人にとっては現金と株式の違いはないですが、普通の人にとっては大きく違うことになります。

 

永久投資の恩恵は機動力が低い人普通の人ほど大きくなります。

 

そして30年も経てばたいていプロ以上のリターンを生み出すのです。これはプロも認めています

 

だから素人は永久保有を目指すべきだし売る可能性がある対象には投資しないほうがいいことになります。その意味ではS&Pインデックスは先進国インデックスと同様に最もすぐれたもののひとつです

 

一方、アマでも判断力と機動力がある方にとっては永久保有の価値は低下します。

 

しかし素人でそんな能力に恵まれた人は1%もいないでしょうから、ほとんどの人にとっては「永久保有戦略」はベストの選択肢になります。

 

4 投資が積み上がりやすい

売って現金化するとその時期は市場から離れることになります。

まさに現在がそうですが市場から離れているときに株価は上昇します。

 

8月中は「市場から離れろ」の意識をレベルが高い人ほど持っていました。

そして機動力がある方は9月の「新関税」の前に「売り抜け」られました

 

 賢明な判断と行動だったと思います。

 

しかし行動しなかった方の方が現時点では恩恵を受けています。

 

リターンが大きいことの他に「投資が積み上がりやすい」点も大きなメリットです。

売って投資を縮小すると「ふたたび拡大する」のに苦労するからです。一気に買う判断や行動ができませんから。

 

「機動力がない素人」呼ばわりされることは特に若い方には不快でしょう。

だから自分がそうだと自覚するまでは腕試しをするのはいい選択だと思います。

ただ上げ相場だとなんでも上がるので「自分の実力」なのか「市場のせい」なのかの区別がつきません。大幅下落した時の行動を見ないと本当のところはわからないかもしれないですね。

以上です。

 

それではあなたの投資が大きく成功することを心から願ってクリスマスの記事とします

メリークリスマス!

 

今回の内容に関する動画は→https://youtu.be/FrXLmGwbjmg

クリスマスバージョン第二弾です。コメントなどよろしくおねがいします。

 

お願い 下をクリックして応援いただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 米国株ランキング

スポンサーリンク

   

 

www.tingisuhan.com

www.tingisuhan.com

www.tingisuhan.com