チンギスハンのブログ

投資歴40年リタイア済の67歳シニア。永久保有を目指して米国株を投資中

日本がオワコンなのか自分がオワコンなのか?しっと心をなくせば3割アップ!

「がんばれ日本!」のイラスト文字

 

スポンサーリンク

 

日本の国際競争力下落中

たとえばこんな記事が

【国際】IMD世界競争力ランキング2019、首位シンガポール。日本は30位で凋落止まらず 2019/06/04 最新ニュース

中身はこちら【国際】IMD世界競争力ランキング2019、首位シンガポール。日本は30位で凋落止まらず | Sustainable Japan

またかつては日本がリードしていたエレクトロニクスもスマホを始め海外の商品に置き換わりました。

日本はアイフォンの大切な部品を供給していると主張しても何か冴えない感じです。

部品製造の中小工場を連想するのですね。

 

ITに至ってはもう果てしない差がついていると詳しい人は言います。

確かに朝起きてからスマホを開き、パソコンを開きグーグルやマイクロソフトのお世話にならない日はありません。

 

通販でも、私は楽天はよう使わんので、アマゾンかヤフーショッピングの有利な方を選びます。アマゾンになることが多いですね。ヤフーは品揃えが貧弱すぎ。がんばれ!

 

安いと思っても送料がかかったりして結局アマゾンが安いですね。

レビューの多さも1ケタ違うのでアマゾンでレビューを読みまくって、確かめてからヤフーで買う、みたいな流れです。

 

しかしこれは単に日本企業のサービスがアマゾンに劣っているだけですね。

私達は政治家でも経団連のお偉方でも経営者でもない

「これからの日本経済は~」とかのニュースで私達個人が「後ろ向きになる」のはどうかと思いますね。

第一国際競争力が下がったのは私達の責任じゃあないし、それに個人で改善するにはコトが大きすぎます。

それに米ITがそんなに強力なら株買えば済むわけだし。

買おうとするとアラも目立ちますよ。

 

ともかく、個人レベルでは「もっと動きようがある」ように思うんです。

とりあえずシンガポールとか米国で働く方法

国際競争力のある国で働きたければ、米国も人手不足のようですから他国で働く手段があります。

給料をたくさんもらって資産をつくって物価の安い日本に帰って暮らすやり方。

しかし駐在員ならともかく米国企業では健康保険の支払やらシリコンバレーでは50万もする家賃でなかなか貯めるのは難しいという人もいますね。

第一英語を仕事レベルで使えないといけません。これはハードルですね。

自分でなんとかできるうちは「オワコンじゃあない」と思う

オワコンの定義ですが、自分の努力で自分の境遇を確保できるかどうか、が問題と思います。

日本は自分の努力で改善ができる国です。

世界ではできない、あるいはできにくい国の方が多いです。

アジアを見ても北朝鮮は別として、中国も韓国も海外への移住志向がとても強いです。国としての対立とは別次元で日本は一種の「桃源郷」のように見られているようです。「韓国で生きていけ」と言われれば多くの日本人はそのきつさに逃げ出すことでしょう。暮らしたこと無いけど、きくところによるとです。

 

それから東南アジアで見ると

これは日本の大きな問題、恥部であると思うのだけど

悪名高き「外国人技能実習制度」があります。

これは本来の目的はともかく「安い労働力の確保」として使われています。

パスポートを取り上げられ最低賃金以下の給料で転職の自由もなくこき使われています。

わが町でもカンボジアとかの人たちが河原に自転車で集まってきてバーベキューをしたり歌を歌っています。純朴そうな若者たちです。ちゃんと日本語で挨拶します。

しかしテレビのインタビューで「もう二度と日本には来たくない」という人がいましたね。

一刻も早くこういう「一種の奴隷制度」とも言われる制度は止めたほうがいいですね。

日本の名誉のため、評判のためにも。

いわゆる徴用工問題で、あれは韓国の主張が無茶なのだけど、それは置いといて、竹田さんなんかが「徴用工の待遇は良かった」とか言ってるけど、そんな工場もあったでしょうけど、いまの研修生の待遇を見ていると、令和でこんなんだから昭和ではもっとひどかっただろうな、と想像してしまいますね。

 

とにかく彼らは本国では「自分の改善が難しく、日本の方がいいと思ったから日本に来た」わけです。

日本人で研修生になりたいと思う人は一人もいないでしょうから、日本はアジアでは恵まれています。

 

オワコンではないですね。

スポンサーリンク

 

オワコンの人ほどチャンスを見逃す、自分のプライドのせいで

年甲斐もなくネットをよく見るんですが「自分は恵まれていない」という人ほど「自分に甘い」傾向がありますね。

高収入の人がいると「どうせ高学歴なんだろう」「資格持ちなんだろう」

モテる人がいると「どうせ高収入なんだろう」「イケメンなんだろう」「高学歴なんだろう」という具合です。

そんなに「高学歴」とか「高収入」とか「イケメン」というのは「葵の御紋」みたいな切り札になり得るんでしょうか?

昭和の時代に育った自分には大きな疑問です。

 

女性にも好みがあるでしょうから「イケメン」なら必ずモテるというのははなはだ疑問に思うのです。

殺虫剤にもハエに聞くとか蚊に効くとかありますから全てに効く「イケメン」というのは難しいんじゃあないかと思うんですね。

 

意地の悪い見方だけど「自分ができない理由を探している」としか思えないんです。

 

「振られたらかっこ悪いから確実でなければ告白できない」

というのが多いそうですね。

 

友達のお母さんから聞いた話だと今の中高生は告白する前に「事前の根回し」をするそうです。この地方だけかもしれないけど。

告白予定の何日か前に自分の友だちから相手の周辺に「土曜に告白予定らしいよ」というラインを流して「本人も待ってるみたい」という確証をもらってから告白の儀式に臨むんだそうです。

確かにこれなら100%OKで恥はかきませんね。頭いい~

 

逆に回りの友達とか条件が揃わないと告白はできません。

一人で東京に行ったら彼女できないわけだ。

しっと心をなくせば3割アップする

振られて恥をかきたくないというのはプライドのせいでしょう。

同じくプライドが邪魔をするものに「しっと心」があります。

 

これをなくすことができれば全てに3割アップは間違いなしです。

投資なんかで「メシマズ案件」というのがあります。

「オレはこれで1千万儲けたぜー」みたいなのです。

 

他人が儲けたとしても嬉しくないのでメシマズというわけです。

しかし成功には「学ぶべき点が多い」のですから本来はそういう記事こそ読まなければなりません。

「しっと心」から「自分から情報を遮断」するのは損が大きいです。

読みにくいのは「自慢に聞こえる」不快さがあるからです。

 

また自慢はしても肝心のノウハウについてはぼかして明かさない人が多いですね。

 

新しいタイプのブロガー、情報発信者も出てきました。

このブログ村でも有名な「もみあげさん」です。最新記事はこちら

世界最強経済大国の危機も?米国大統領選挙から株式市場の未来を占う - ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

ツイッターでもフォロワー8千人を越えたそうです。

たぱぞうさんの2.6万にはまだ距離がありますが、今年中の大台超えは確実です。

私は3600人です。よろしくおねがいします。

 

私も一ファンですがこの方の素晴らしいところは「情報を全部出す」点です。

 

今までの投資のブログは自分の主張があってその正当性を資料で示す、みたいなスタイルが多かったです。

もみあげさんのように、あらゆる情報があって、その中には個人の投資情報もあるというのは新しいスタイルに思います。

まだの方はぜひツイッターでのフォローおすすめです。有益な情報量が多いです。

どんな情報も「しっと心」が邪魔をすれば入ってこない

どんな情報もあるいは自分への応援も「しっと心」が強ければ生きません。

そういう人は批判から入ります。

「たぱぞう」さんが2冊本を出されました。「楽ちん投資術」の方はアマゾンの書評に素直な感想を書いたのですが他の方の書評を見てびっくりしました。

まともでない感想が多かったからです。これで学んだことは

「苦労して本を書いてもひどい書評を覚悟しないといけない」です。

 

素直に良さを探せないんですね。だからあら捜しをしたり根拠のない悪口を言ったり。

 

私も嫉妬心は強かったですね。田舎の出身だからみんなそうだと思ってました。

しっと心が無くなったのはカミさんの影響ですね。カミさんは都会育ちだから。本人の性格かもしれないけど。

やっぱり出身地が違う人との出会いはメリット大きいですね。

 

やや、またしても記事が長くなりました。

具体的に3割アップする方法についてはまたにします。

それでは皆様の良い投資を!

 

お願い 下をクリックして応援いただければありがたいです。よろしくおねがいします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

スポンサーリンク