チンギスハンのブログ

投資歴40年リタイア済の67歳シニア。永久保有を目指して米国株を投資中

【投信定点観測】8月状況、8月は新興国筆頭にすべて下落

 8月はすべての株式投信が下落

スポンサーリンク

 

  投信定点観測 8gatu
    投信会 増減%
1 S&P500 スリム -1.7
2 全米 楽天 -2.1
3 先進国 スリム -2.5
4 全世界 スリム -2.9
5 全世界 楽天 -2.4
6 全米高配当 楽天 -2
7 ひふみプラス ひふみ -3.5
8 新興国株 スリム -5.7
9 日経平均 スリム -1.8
10 TOPIX スリム -1.4
       
  平均   -2.6

(1)マイナス幅が大きいのは新興国が最大。中国を中心に経済、貿易の落ち込みが深刻。少なくとも新規投資はしないほうが安全。

(2)米国では楽天全米のほうがS&P500よりも落ち込みが大きい。これは先日の記事にも書いたけど大企業優位が数字に出ているのだろう。

流れはハイテクからディフェンシブへ、小型株から大型株へ、超秘密9銘柄で検証

(3)全世界と先進国の差は新興国の落ち込みが足を引っ張ったためだ。

(4)米国高配当が微妙な位置にいる。高配当はいろんな企業が雑居なので足を引っ張る企業も多そうだ。

(5)日本株の下落幅は一番小さい。

1月からの単月での伸び率を見ると

投信定点観測 1,2gatu 3gatu 4gatu 5gatu 6gatu 7gatu 8gatu 累計
                 
S&P 12.3 0.8 5.4 -7.9 3.9 0.6 -1.7 13.4
全米 12.9 0.2 5.3 -7.9 3.7 0.7 -2.1 12.8
先進国 12.1 0.3 5.1 -7.4 3.9 -0.2 -2.5 11.3
全世界 11.4 0.1 4.7 -7.7 4 -0.6 -2.9 9
全世界 11.4 -0.1 4.6 -7.6 3.5 -1 -2.4 8.4
全米高配当 10.9 -0.6 3.5 -7.2 3.1 -0.3 -2 7.4
ひふみプラス 10.8 -0.4 3.2 -6.7 2.3 -0.2 -3.5 5.5
新興国株 10.5 -1 4.2 -10.8 5.5 -3.6 -5.7 -0.9
日経平均 7.9 -1.2 5.4 -8.3 3.5 -1 -1.8 4.5
TOPIX 6.9 -0.5 1.8 -7.1 2.8 -1.2 -1.4 1.3
                 
平均 10.71 -0.24 4.32 -7.86 3.62 -0.68 -2.6 7.27

1月2月は累計

(1)今年の伸びの大部分は上昇し始めた1月2月でなされている。

(2)貿易摩擦が拡大した5月、8月はマイナスになっている。

(3)新興国はトータルでもマイナスになった。

<株式について>

新興国株式以外はそのまま保有で全く問題ないと思う。

スポンサーリンク

 

債券は新興国以外はプラス

  2月末 3gatu 4gatu 5gatu 6gatu 7gatu 8gatu 累計
                 
先進国債券 2.8 0.9 -0.3 -0.8 1.3 -0.7 1.7 4.9
新興国債券 4.4 -2 0.4 -2.6 4.5 -0.7 -2.5 1.5
日本債券 0.3 0.8 -0.3 0.6 0.6 0.3 1.2 3.5
平均 2.5 -0.1 -0.1 -0.9 2.1 -0.3 0.1 3.3

(1)先進国債券の上昇が一番大きい。→米国の長期金利低下が大きい。

(2)新興国債券は株式とともに下落が大きい。

(3)日本債券は堅調だったが8月30日の下落分が加味されていない。

♣長期金利が-0.3%に迫っていたことを日銀が問題視して5ー10年債の買い入れ額を大幅に減額した。これに反応して長期金利がー0.27%にまで上昇。債券価格は下落している模様。

債券は負けはないか

日本債券は上値は限られそうだが負けはないと見ている。保有あり。

米長期債権はさらに上昇余地があるがドル転して買う価値があるかは微妙と見ている。

新興国債券は早めの処分が無難に見える。

 

以上8月末の定点観測でした。株式も債券も米国が中心なことには変わりないですね。

それでは皆様の良い投資を!

 

お願い 下をクリックして応援いただければありがたいです。よろしくおねがいします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

スポンサーリンク

 

 

www.tingisuhan.com

www.tingisuhan.com