チンギスハンのブログ

投資歴40年2017年にリタイア済。米国株に投資中。グロース、高配当株、インデックス保有。

「老後資金は3千万円必要」は実は根拠があいまいだった→では実際にはいくら必要?

è°ã®æ²ãã£ããçºããã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç¬é¡ï¼

こんにちは

週間SPAに「老後資金3千万円を貯める方法」とあったので読みました。

本文では主に節約や副業で3千万貯めた人の体験談があります。

スポンサーリンク

 

 

3千万必要の根拠は?

2017年の高齢者の夫婦無職世帯での住居費を除く平均支出額が24万円だったことです。(総務省家計調査報告書より)

問題点 平均値なので富裕層や年金がリッチな世帯が押し上げている。

→中央値あるいは下位三分の一くらいが参考になると思う。

月額15万円くらいで暮らせると予想。・・・ソースは我が家。

そうすると厚生年金の平均の受給額が14万円なので夫婦2人では奥さんが国民年金だとしても20万円あり年金の範囲に収まることになる。そうなるとリタイア時に資産ゼロ円でも暮らせます。

ここまでの結論

リタイア時に世帯で3千万必要説の根拠はあいまい。→家庭によって違う。

ちなみに私の主張は

年金の額や住所、住居、暮らし方、性格で一人ひとり違う。です。

この本には具体的なシュミレーションがありました。

リアルに必要な老後資金は厚生年金1千万、国民年金2千万。

70歳から95歳まで夫婦が生きる時のシュミレーションが載っています。

「お金の教科書」を執筆した田中佑輝氏の記事です。

勝手に少ない方から並べました。70歳時の資産です。生活費に住居費は含まず。

パターン1 夫妻ともに国民年金、月生活費14万円、

2千万の資産、資産運用なし→95歳で0円になる。

パターン2 夫厚生年金 妻国民年金、月生活費14万円

資産1800万、資産運用なし→95歳時3千万円

なんと増えています。上記の年金の方が多いパターンです。

パターン3 夫厚生年金 妻国民年金、月生活費14万円

資産2千万円、年1%の資産運用→95歳で3千5百万

年1%ですから日本債券ですね。

パターン4 夫厚生年金 妻国民年金、月生活費24万円

資産1千万、資産運用なし→95歳で0円。

スポンサーリンク

 

<感想>

1 住居費が必要な人はプラス6万くらい必要です。

2 3千万必要というのより具体的で実際的。

3 インフレが考慮されていない。

♡今後の日本を考えると「インフレ対策」が一番の課題と思う。海外株式投資で資産を増やす目的と同時に達成できるのでおすすめ。自分もまだまだですが実践中。

20年後の日本

記事の中に注目の2人のページがありました。20年後の日本について

1 中原圭介氏(経済アナリスト)

(1)70~75歳が高齢者の定義になるだろう。

(2)年金の支給は70歳からになるだろう。

(3)70歳くらいまでは働くようになるだろう。

(4)日本は今後うまくいって現状維持だろう。

2 高橋洋一氏(経済学者)

(1)年金や介護、医療制度が壊滅的に破綻することはない。

(2)日本デフォルトも非現実的だ。(とんでもない政権運営をしない限り)

(3)長生きが最大のリスクになる。長生きしたければ長く働けばいい。

お金を貯めるのではなく「長く稼ぐ力を身につける」

今日の結論

何千万必要というのは実は根拠がないか、あいまいなことが多いですね。

いい加減な情報に振り回されないようにしないと損をします。

逆に「インフレリスク」について主張している人が少ないと驚きます。

いきなり「日本が破綻するかしないか」の論議になってますね。

世界を見れば現在でもインフレ率が3%以上の国は多いです。

日本がそんな「普通の国」になるリスクの方がよっぽど困ると思うのですが。

 

以上です。きちんと準備されている方には不要な記事でしたね。

それではみなさまの良い投資を!

お知らせ リタイアへの資産最大化の別ブログがあります。

チンギスハンの安心の資産運用

お願い ランキングに参加しています。下をクリックして応援いただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

スポンサーリンク