チンギスハンのブログ

投資歴40年2017年にリタイア済。米国株に投資中。グロース、高配当株、インデックス保有。

老後に3千万必要とかは全く意味がない。

æè¡ãããé«é½¢èã®ã¤ã©ã¹ã

こんにちは

週刊誌の特集で「老後の蓄えはいくら必要か?」の記事がよくあります。

これは意味がないことだと思うので記事にしました。

 

スポンサーリンク

 

まずそういう記事の内容は

1 厚生年金の平均は月額男17万円、女11万円であること。

2 支出は30万以上かかる、ゆとりある生活には35万円必要なので不足する。

という2点で成り立っています。

また必要な貯蓄額=毎月の不足額X12X平均寿命までの年数

で割り出しています。これに対して思うのは

かかる費用は家庭ごとに違う→平均で論じても意味はない。

1 住居費がかかるかどうかで全く違う。

家賃を払うのか共益費だけでいいのか・・・それぞれに違います。

2 余裕ある生活を送るには→何勘違いしてるんだか?

若くて働いている方でも余裕がない人は多いのに「年に数回は旅行にも行きたい」とか何勘違いしているの?と言いたいですね。それはそれこそ余裕があれば行けばいいだけの話で老後に必要なお金とは関係ないです。

3 費用がなければ節約すればいいだけ

役所の予算じゃああるまいし「これは必要」とかいって積み上げていけば膨れ上がるのは当然です。

本当に必要なお金はほぼないのです。①住むところ②食べるもの③着るもの④医療費

それ以外は原則要りません。不要なものとしてはまず

①固定電話・・・個人で安いスマホを持てば不要。オレオレ詐欺にもかからない。

②新聞・・・情報はテレビやスマホで入る。それで足りない情報はない。

③冠婚葬祭・・・不要な見栄が経費をふくらませる。余計な会には出る必要なし。自分は墓もないし葬式もしません。

4 年金の範囲でやれる家庭がほとんどだと思う

私は年金が月額10万で平均よりは相当に下ですが範囲内でやれています。特にケチっているつもりはないです。

人間その気になればいくらでも節約できるんです。しないのはその気がないだけ。

5 収入が多くても生活を改めなければ「老後破産」はありえる。

逆に見えを張っていろいろ出していると30万ほどのお金はあっという間です。

リタイアすると自分の価値が下がったように感じる人も多く「おだてに乗りやすい」傾向があります。安っぽいのを買いたくないんですね。「つまらない人間に見られたくないから」

でもリタイアした人間がそんなに自己主張する必要ないんですよ。

スポンサーリンク

 

逆にそのくらいのお金ではリスクは乗り切れないと思う。

その計算で(不足分7万X12+予備費36万)X25=3000万で足りるとしています。

これは甘いと思いますね。

現在のデフレ傾向が今後25年間ずっと続く保証はないです。

3%のインフレだと25年では75%も現預金は減価します。

金額もだけど資産の中身を充実させるべき

金額以外には次の2点も重点ポイントです。

(1)インフレに対抗できる資産であるかどうか。

(2)日本リスクに備えた資産であるかどうか。

です。

レオパレスでアパート作って「これで家賃が入り続ける」と思った大家さんは早くも計画が狂ってしまいました。

金融資産でもこれと同じことが起こる可能性はあります。

日本国内だけの資産だと大幅なインフレ、円安では同じく計算が狂います。

国際分散が不可欠です。割合としては半分以上は海外資産がよいかと。

(3)同じ3千万でも米国株、世界株なら年に5%のリターンが期待できる。

現金の3千万は減る一方です。世界株なら計算上は年に150万ほどのリターンが期待できます。

年金の範囲でやれているならこのお金は将来のリスク対策に備えて増えていきます。

(4)含み益を増大させる株式投資が安心を生む

株式が論理的には有利とはいえ何年に一度かは暴落します。リタイアの身には暴落はストレスです。耐えるためには「含み益」を積み上げるのが最善です。

上がったからと言って安易に利確してはいけません。また配当で受け取るのも計算上は不利です。とにかく本体をふくらませるのが一番暴落への耐性があります。

(5)平均で考えるのはやめよう

自分の場合でもないのに平均で勝手に足りないと思ってパニックになる必要はありません。

もしあなたがリタイアまで時間があるなら今からでも着実に準備をすべきです。

ポイントは2点①資金を増やすこと②資金の内容を充実させること

「お金があれば楽しめる」は若い時の発想

お金の額に応じて楽しめるのは若い人の特権です。リタイア後は「お金があっても楽しめない」人はいっぱいいます。その原因は①体力的なもの②交友関係、コミュニケーションが下手③楽しめない性格である・・・などです。

お金はそのうちの条件の1つでしかありません。

逆にお金はそんなになくても楽しめている人もいます。

根拠のない情報に振り回されずにしっかり準備してください。私はもうリタイアしちゃいましたがこれからでもできることはしていこうと準備しています。

それではみなさんの良い投資を!

お知らせ リタイアに備えて資産最大化を応援するブログがあります。最新記事は

【シニアの投資】【リタイア後の投資は危険がいっぱい】まず不利な「銀行離れ」するのがポイント。 - チンギスハンの安心の資産運用

お願い ランキングに参加しています。下をクリックして応援いただければありがたいです。よろしくおねがいします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

 

スポンサーリンク