チンギスハンのブログ

投資歴40年2017年にリタイア済。米国株に投資中。グロース、高配当株、インデックス保有。

【株式投資】どうしていいかわからない人はインデックスへの乗り換えは有力・安全

f:id:tingisuhan:20190117071921p:plain

こんにちは、今後の見通しがわからなくて困っている人が多いと思うので記事にしました。

スポンサーリンク

 

これから初めて投資される方は先日記事にしたインデックスの定期積立を始めればいいと思うのですが 

すでに投資をしている方は動きづらいと思うんですね。

それは今後の見通しが全く不透明な点です。

全体としては割高感はない。

スポンサーリンク

 

まずはチャートを見てみるとS&P500です。

f:id:tingisuhan:20190117090840p:plain

10月の下落から12月のFRBの利上げと引き締め継続方針で一気に下落したのが昨年末。リバウンド途中でアップルショックがあり、パウエル議長が一転「柔軟に対応する」と軟化してしてマインドが好転、現在に至る。です。

今半分ほど戻したところです。

前回前々回の安値を微妙に超えてきており現在50日線上にあります。

これを越えれば200日線、さらには前回高値を抜けるかがポイントです。

しかし私はそう簡単にはいかないと見ています。

それは相当な戻りの売りを浴びるからです。

昨年末の急下落では売りたくてもあまりに急で売りそびれた人が多くいました。

その時からすると株価も大きく戻しており、売りが出るのは仕方ないです。

それをこなしてどんどん上に行けるとも思わないのでここらへんで行ったり来たりの展開でしょう。

もう少し長く2年を見てみます。

f:id:tingisuhan:20190117091728p:plain

 現在一昨年の終わりに戻って昨年一年がなかったことになりました。

昨年よりも減税効果もなくなり伸びは鈍るものの4%ほどの対前年比の利益上昇が見込まれており昨年暮れの下落は明らかに過剰反応で下落しすぎです。

おかげで割高感がほぼなくなりました。

現在S&PでPERが16前後で割高でないことは確かです。

個別株は上下動が予想される

現在4Qと2018年通年決算発表中ですが業績は明暗が分かれそうです。

それにより個別株は大きく上下しそうです。

また今後の見通しも難しく激しい動きだと思います。

一例として戻ってきているアマゾンを見てみます。

ベゾス氏が円満離婚を発表して話題になっています

f:id:tingisuhan:20190117092622p:plain

半分の株を持つ奥さんが売却すれば大事になりますが、7.5兆円とか使い道もないでしょうからそのままアマゾンを保有するのが最適だと思いますね。

いい点は今まで2回のリバウンド時よりも上昇時に出来高が減っていないことです。

といってそんなに増えてもいませんから力強さに欠けます。

どこかでまた戻り売りに押される可能性が高いです。

個別株をインデックスに置き換えるのは防衛力強化になる

スポンサーリンク

 

利益がのっているか損が出ているかの事情はありますが、戻ってきたのをチャンスにインデックスに徐々に代える方法も有力です。

インデックスについては今後下落も考えられますが定期買いをお勧めしているように妥当な所だと思います。

また個別株のような決算リスクはありません。固有のリスクは考えなくていいので個別株より保有に安心感があります。

保有の個別株を売って乗り換えるのは有力です。

その分のストレスから解放されます。

損が出る場合は精神的に抵抗があります。

他の利益の出ている株と合わせて売ってトータルでは損がないようにする方法もあります。

それもできなくて純損の場合は精神的には大変です。

無理のないように少しずつ置き換えるのが負担が少ないんじゃあないでしょうか。

実行していくうちに自分の気持ちもすっきりします。手数料は若干損になりますが。

どちらにしても相場の終盤とかの動きが大きい時はインデックスが安心です。

今後も大きな変化が予想されますから、マインドの明るい今はチャンスです。

米国外からいつ火の粉が飛んでこないとも限りません。

そういえば英国の混迷は続きますね。ドイツ銀行の問題もあるし。

米国以外の不透明さは予想がつかないことだらけです。

 

以上です。個人的な見解なので投資判断はご自身でお願いします。

お知らせ 永久保存型の別ブログもご覧ください「チンギスハンの安心の資産運用」

最新記事は【株式投資】個別株のリスクと対応を知ろう。逆張りの誘惑に勝つ

です。

お願い 読者登録をお願いします。またランキングに参加しています。クリックして応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング 

スポンサーリンク

 

www.tingisuhan.com

 

 

www.tingisuhan.com