チンギスハンのブログ

投資歴40年2017年にリタイア済。米国株に投資中。グロース、高配当株、インデックス保有。

eMAXIS Slim全世界を買ってみた。これ一本で全世界に投資できるだれにでも対応の株式投信しかも経費安

こんにちはチンギスハンです。パウエルさんの柔軟に対応するとの発言で冷え込んでいたマインドが一気に好転しましたね。割高感がなくなり下落リスクが後退したのでインデックス投信を何本か買いました。皆さんにもおススメなのをご紹介します。なおこの記事は広告や自分との利益関係はございません。あくまで中立の立場で書いています。

 

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)はほったらかしOK、だれにでも適合する便利な投信

世界中の株を保有できる。

世界の株式の時価総額割合で見ると下のようになります。2018年11月時点

(My IndexHPより)※流動株調整済み。

f:id:tingisuhan:20190106150228p:plain

世界の時価総額に応じて買える。

日本は2位ですが8%ほどですね。日本だけに投資するのは分散ができていないことがよくわかります。米国は55%と過半数を占めています。新興国は10%弱です。

MSCI社という指数では代表的な会社が計算して組み替えますから長期的に国や地域の割合が変わっても大丈夫です。この投信ではMSCIオールカントリー・ワールドインデックスという指数が基準になっています。基準になっている指数をベンチマークといいます。そして指数からどれだけ離れているか=かい離率も運用報告書には出ています。だれも見ていないでしょうけど。

<eMAXIS Slim 全世界株式の概要>

簡単に説明しますね。

1 設定日 2018年10月31日設定と若い投信です。

2 基準価格 8926円(2019年1月6日現在)

3 経費 買い付け手数料 0円 年間経費は0.155% 解約手数料0円。と安いです。

4 純資産 6.59億円 ※小さめですが目論見書をみると元ファンドのeMAXISとマザーファンドがほぼ同じなのであまり気にする必要はないです。eMAXIS全世界の純資産は69億円。

5 カバー率 全世界のほぼ85% 銘柄数2791

十分です。ただしさらに銘柄数の8000ほどと多くカバー率の高い楽天全世界を選ぶ人もいます。ただし手数料は少し高い。基準になる指数も違います。

♡自分は2500もあれば気にしません。ダウは30ですからね。

f:id:tingisuhan:20190106112636p:plain

<この投信のメリットデメリット>

スポンサーリンク

 

(いいところ)

1 これ1本で済むのでとにかく簡単。シンプルで手間がかからない。

配当も勝手に再投資してくれるので何もする必要はないです。

2 日本円で1000円から買える。

実はこのような便利な投信はなかったんですよ。だからどうしても、っていう人はNY市場でドルで買っていたんですね。ドルに替える手間や手数料、さらにはETFを買う手数料も要ります。(最低で4.5ドル)少額だと不経済ですね。この投信だと年間経費以外は何にも要りません。

3 長期投資に向いている

経済発展には国ごとにむらがありますから割合は変化します。しかしこの投信では自動的に調節されますから放っておいても心配いりません。「ほったらかし」で大丈夫

 4 値動きがゆっくりしている。

全世界ですからどこかの地域が危機になっても急落は避けられます。その代り上昇もゆっくりです。米国の影響を強く受けます。55%入っているから。

5 誰にでも向く。

万人向けです。仕事に忙しくて時間が取れない方。私のようなシニア。だれにでも・・

6 定期積立(ドルコスト法)に向いている。

証券会社で設定しておけば、例えば毎月15日に8000円買うとかができます。NISAや積み立てNISAも使えます。

♡ドルコスト法はいつ始めてもいいですが高値を避けるのが効率がいいです。

f:id:tingisuhan:20181224103310p:plain

図では今高値を通り越してx軸あたりにいると考えられます。これから下半分にかかると見られています。ただし相場ですからこんなにきれいに動くわけではありません。しかし下半分で買うことができれば平均のコストは下がります。ただしこれから下げる可能性も高いので、その時点では損が一時的に発生します。

今までに始めた人は10%ほどの損が出ていますね。だから長期的な視野でとらえる必要があります。無理のない金額で続けてください。欲しければいつでもスポットで買えますから。

(デメリット)

あまり見当たりません。短期間にしっかり儲けたいという目的には向いていません。

ホームページはこちら 

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) |

 またインデックス投資については自分の保存用の別ブログの記事

【株式投資の基本3回】インデックス投資(1)シンプル化の目玉インデックス投資は頼れる味方 - チンギスハンの安心の資産運用

もお読みください。

以上です。実はライバルも買ったんですがそれは次回の記事で。

 

お知らせ 永久保存用の別ブログチンギスハンの安心の資産運用

もよろしくお願いします。最新記事は「高配当投資戦略」です。

お願い 下の看板をクリックいただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村