チンギスハンのブログ

投資歴40年リタイア済の67歳シニア。永久保有を目指して米国株を投資中

<株価大幅下落>早く戦線離脱して次のチャンスに備えよう

米国株は3指数ともに下抜けしてしまいました。本格的な下落相場入りです。しつこいですが丁寧に見ていきましょう。

f:id:tingisuhan:20181220144645p:plain

3指数ともに下抜け。S&Pです。

f:id:tingisuhan:20181220144740p:plain

今年の安値を下に抜けて抵抗線を失ってしまいました。昨日2506.96△1.54%

スポンサーリンク

 

ダウは23323.66ドル1.49%安 ナスダックは昨日2.17%安。下はダウです。

f:id:tingisuhan:20181220145136p:plain

10年債金利は2.778% VIXは25.58とリスクオフが鮮明です。ドル円は112.12円。円高だけど意外としぶとい。日経は現在20322円で665円安と大幅下落中

FRBのFOMCが失望されたようだが

予定通り今回0.25%の利上げ。来年の利上げ予定が3回→2回は当然なのですが「ハト派的でない」と判断されたようです。FRBの立場に立つと株価が下落中とはいえそれにビビッてすぐに弱気にもなれないでしょうから当然と言えば当然です。しかし

過去には「引き締めすぎ」が原因で「暴落」を引き起こしている。

という事実が連想されたと思えます。なにしろ中央銀行が金融政策に失敗して暴落を引き起こした確率は高いですから。株式市場は人の心理が動かします。人の心理の定理として次のことが説明されています。すなわちある事柄が別の事柄を引き起こす確率が高ければ、人々はそれに従って行動するので実現する確率がより高くなる、というものです。不景気→円高の例の方がわかりやすいですね。とにかく不景気では100%円高になるのです。だから早く動いたもん勝ちですね。「今回は違うだろう」「自分は大衆とは違う」とか気取っていると逃げ遅れます。

スポンサーリンク

 

リスクオフに備える必要あり

ハイテク株→インデックス→高配当株=ドル→日本円と右がリスクオフに強いです。「永久保有」のものは除いて過大なリスクは減らすのが賢明です。「撤退戦」なので多少の犠牲はやむを得ません。大将を逃がせばそれでよしです。最近参入の方は10%前後の損が出ている計算です。長期投資で売らない方針の方はそれでいいと思いますが、「将来に自信が持てない」でいる方は検討する余地があります。全部でなくても一部でも負担を減らしておくことは大きな助けになります。たいていの場合下落し始めが後から見ると一番高いです。

全く責任は持ちませんが見通しは

今は下落相場の初期段階です。高値から14%ほど下落して過熱部分をかなり調整しました。もう少しすれば「割高」は解消されますが(PERが15程度)それで下げ止まるとは限りません。下落で悲観的になった投資家が市場を離れるためさらに下落するのが普通です。そのオーバーシュートする幅は最大で20%くらいが多いようです。その頃には株のブログ村も閑散としていることでしょう。そしてそこが底で上昇。というシナリオを勝手に描いています。私も少額ですがハイテクでまだ残っているのがあるので人ごとではありません。そう急に処分を考えます。それではみなさまのよい投資を!

お願い 下の看板をクリックしていだだけるとありがたいです。よろしくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村