チンギスハンのブログ

投資歴40年2017年にリタイア済。投資に役立つ日々の話題を書きます。

日本は投資に値する国か?

米国株投資家の皆さまこんにちは。米国株永久投資を目指すチンギスハンです。
 2017年8月18日(金)記

 日本株は数字的には相当割安です。(My Indexより)
※日本取引所ホームページでは、加重平均で東証1部総合で17.3、上位99社で14.8となっています)

2017 7gatu      
国・地域 PER PBR 配当 時価総
  実績 実績 兆ドル
全世界 19.6 2.2 2.41 42.4
先進国 20.2 2.3 2.37 38.4
新興国 15.2 1.7 2.8 4
欧州 19.9 1.9 3.25 9.1
アジア太平洋 15.6 1.4 2.41 6.1
日本 14.8 1.4 1.96 3.5
米国 22.1 3.2 1.95 21.8
英国 25.1 1.9 3.77 2.6
豪州 24.4 2 4.14 1.1
ドイツ 17 1.9 2.68 1.3
中国 12.8 1.4 2.42 1.1
インド 22.4 3 1.45 0.5
韓国 12.4 1.2 1.7 0.74
台湾 15.7 1.9 3.76 0.59
タイ 15 2 3.18 0.14

PEは全世界の平均を大きく下回っています。韓国中国よりは高いよ。という反論をされそうですが、韓国中国台湾は新興国の扱いです。日本とは属するカテゴリーが違います。

※韓国はMSCIでは新興国扱い、FTSEでは入らない。

日本は時価総額で、大差とはいえ米国に次ぐ地位を占める先進国です。

なぜ割安に放置されている?

その前に、韓国についての話を少し。(私はいわゆる嫌韓の徒ではありません。でも最近の大統領の発言を聞くと立場も揺らいでいますが)

文大統領は、(1)若者の就業支援として公務員を大幅に増やす。(2)遅れている社会保障を大幅に拡充する。計画だそうです。

えっ?そんな余裕あるの?ついギリシャを連想します。記事にもそうありました。実際IMFは懸念を表明しています。ポピュリズムここに極まれりという感じです。

投資家としては人気取りに終始する指導者の国には投資したくありません。将来のリスクが増すからです。だからこの低PERも納得です。中国もむしろこれでも高く感じますが納得です。

日本は台湾、タイと同程度です。

もしかして先進国のグループに入ってない?

 先ほど、中国韓国とはカテゴリーが違うといいましたが、数字だけ見るとアジア太平洋のくくりに入れられているように見えます。さらに、豪州とインドは遥かに高いですから、東アジア、東南アジアのくくりでしょうか。

国民の幸せ度と投資適格国とは違う。

 他の国と比べて日本を住みやすいと考えている日本人は多いです。

しかし投資対象としてみればどうでしょう。どこかで大きく変えなければ持続が難しい面が多いです。社会保障はその一つです。リョウスケ氏に詳しい記事があります。

日本終わった!?「税収」に対する「社会保障費」の割合がやばすぎる・・・。 - リョウスケが米国株で億万長者を目指す

高齢化社会に対しての本気度がない

 日本は世界で一番早く高齢化に突入します。これは、どこにも真似るモデルがないということです。だれが見ても危機的な状況なのに、まるで危機感がありません。

 私もめでたく高齢者の仲間入りをしました。これからますます若い世代に嫌われるなと思うことがたくさんあります。高齢者の医療費がその一つです。本人の責任ばかりではないのですが。

 日本の高齢者は外国と比べてはるかに多くの薬を飲んで、あるいは飲まされています。しかし、副作用は6種類にもなると組み合わせが膨大になりデータもとれないそうですから、効果と害を考えると疑問です。

 日本の医療では、患者本人に主権がありません。医療側の意思と都合で治療が決められます。そして高額になっていきます。特に末期では、よほど書類に「これこれの診療は拒否する」と記述してサインがないと、家族が診療を断ることは難しいです。

 過労死する医師も出るくらい、今でも医療体制はパンパンです。なのに、薬だけもらうのに、3時間も待って、「変わりありませんか」「はいおかげさまで、大丈夫です」という診療を受けてからでないと薬がもらえません。

 行政側は医療団体に配慮しているのでしょうが、これは日本が抱える「国難」です。国益を優先して、様々な改革を実施して、持続可能な社会体制が必須です。

 すべてをお上が決めずに、「本人の意思を尊重する」だけで多くの無駄や費用が省けます。しかし立法・行政にその覚悟や意志があるようにはとても思えません。

投資家はリスクを嫌う。

 わざわざリスクが高い国を選ぶ投資家はいません。高齢化と財政赤字の分野で日本は世界ワースト1位です。それに対して投資家が納得できるような解決策を提示して実行しなければ優良な投資対象とはならないと感じます。

人口の推移やGDPの予測などより大きな要素もあります。

これらを加味した緻密な分析ではありません。日本の問題点の内のいくつかを考えただけですので、読み流してください。それにしても日本のPEに対してこの配当の低さは改善しないのでしょうか。(韓国はもっとひどいけど)

以上です。みなさまのよい投資を!

お願い 下の米国株のところをクリックしてランキングに戻っていただければ、ランキングの点数が上がるのでうれしいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク