読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガーリックトマトの料理ブログ

60代シニアがリタイアを機に料理にトライ。スーパーの安売り素材でおいしく作ります。酒のつまみからイタリアンまで

ちゃんと炭火でステーキを焼きました。、

リタイアを機に料理にトライしているガーリックトマトです。

 桜が散りそうです。何とか散る前の大木を見に行きました。

f:id:tingisuhan:20170413175846j:plain

前回、「冷凍のままステーキを焼く」にトライして、火加減がうまくいかなかったです。いつものように炭火で焼くのとどれだけ違うか、試してみたいと思っていましたが、コストコで100g175円で肩ロースを安く売っていたのを手に入れました。今回はそのうちの450gを使ってステーキを焼きます。

f:id:tingisuhan:20170413173313j:plain

散らかってて済みません。小さく切って焼いて焼けた分からいただいたので上記のような写真になりました。

<材料・値段・など>
1 ステーキ肉・・・450g(100g175円の肩ロース、コストコ購入)
<作り方>
1 材料をパッドに入れ、塩コショウ、ニンニクは切って上に置く、隠し味にこいくちしょうゆ数滴(アメリカで教わりました)、ブランデーをかけて、上にローズマリーの枝を置き寝かせておきます。

f:id:tingisuhan:20170413173747j:plain

2 炭火を起こします。本当はとことんいこって、少し灰勝ちになる方がいいのですが、いつものように準備が遅く、いこったらすぐ焼き始めます。今回は写真でわかるようにかなりの脂身があります。プロは「掃除する」といって取り去るそうですが、もったいないのでこのまま焼くことにします。途中で油はかなり落ちますし。

3 今回はかなり油が多いので、少し離して網に置きます。遠火です。
 上に派手にローズマリーの枝を置いて香をつけます。油が落ちて煙が大量に出ます。いい感じです。
4 じっくり片側を焼いてから、焦げ目をつけてもう一方を焼くというのを実践していたのですが、番組で、早目に裏返した方がおいしいというのを見たので、この前からその方法でやってます。表→裏→表→裏くらいの感じでしょうか。

 確かに以前の方法では、表を焼いているうちに、裏から肉汁が垂れてしまい、もったいない感じはしていました。何回か裏返すやり方の方が、肉汁が外に逃げ出さないと感じます。また焦げ方も少ないです。見た目より中に火が通りやすいので、焼きすぎに注意です。でも奥さんは相当なウエルダンが好きなので、かなりの焼きすぎでも文句は言いません。 

(感想)
 やはり、フライパンと炭火の勝負は差がありすぎてレースになりませんでした。今回は、肉の掃除もせずに油の多い部分を切っただけですが、それでも問題なくおいしく焼けました。中が焼けていないという問題もありませんでした。

 また、油が落ちて煙でいぶすので、薄味でもおいしいという利点があります。やはりバーベキュースタイルは、どの国でも人気があるだけの理由があるなと感じました。

今回は料理らしい料理ではないので、投稿に気が引けますがせっかくなので上げました。

お願い 下の今日の料理の看板をクリックしていただけると、ブログランキングの点数が上がるのでうれしいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

〇このブログの内容に関するお問い合わせやご感想はtingisuhan01@gmail.comでお寄せ下さい。
■個人情報の管理 当サイトは、「お問い合わせフォーム」から得た、個人名、電話番号、メールアドレスなどのいわゆる「個人情報」を、お問い合わせいただいた内容についての確認・相談、情報提供のためのメール送信(返信)の目的以外には使用しません。