ガーリックトマトの料理ブログ

60代シニアがリタイアを機に料理にトライ。スーパーの安売り素材でおいしく作ります。酒のつまみからイタリアンまで

ショートパスタ、トマト・バジル味

リタイアを機に料理にトライしているガーリックとまとです。

今日は、昼は食べないつもりだったのですが、奥さんが「おなかすいたね、パスタなんかいいね」というので、急きょショートパスタをつくることにしました。で作った料理がこちら。すいません。皿に盛った写真もとったのですが、探しても見当たりません。

f:id:tingisuhan:20170406153008j:plain

<材料>
1 ショートパスタ・・・シェル、250g、ゆで時間13分
2 カットトマト缶詰・・・半分ちょっと
3 バジルペースト・・・少し

<作り方など>
1 フライパンにオリーブ油を大2入れ、弱火でニンニクみじん切り2かけ、唐辛子1本種なし、ベーコンをじっくり炒める。

f:id:tingisuhan:20170406154525j:plain


2 大なべで、水3L、塩30gを入れ、パスタをゆでる。柔らかくなったらいやなので、9分に時間をセット。

f:id:tingisuhan:20170406153627j:plain

3 フライパンの方は、カットトマト、バジルペースト、乾燥パセリ、コショウ、バター、赤ワイン、オリーブの葉、ローズマリー小枝を入れて弱火で加熱。
4 9分ゆでて固めのパスタをフライパンに入れて、合わせる。仕上げのバターを少々。
5 皿に入れて、ゆでたブロッコリーをのせました。

f:id:tingisuhan:20170408093745j:plain

(感想)

 いつもはスパゲティをつくることが多いのですが、テレビでイタリアでは、ショートパスタの方が食べることが多いというのを聞いてから、ショートパスタも作ります。形はシェルが気に入っています。スープとのからみがいいので、トマトソースによく合います。それに食べていて、スパゲティは飛び散ったりするけど、ショートパスタはその点、その心配がなくて楽です。
 難を言えばゆでてフライパンにいれるとき網お玉ですくうのですが、何回もすくわないと、全部が移せません。今回はうまくアルデンテになりましたが、うっかりすると手間取って、過ぎてしまいます。

 

追伸
 ちょうど桜の花が満開に近づいています。あいにく今日は雨の予報だったので、いけませんでしたが、お弁当を持って、花見にいこうと思っています。
 リタイヤして、そういう時間が持てるのはありがたいなと感じます。仕事をしていると、何かと気が落ち着かないし、出かけるとしても、土曜は仕事をしていたので、日曜日しかありませんでした。そして、その日曜日が雨だったりすると、時期を逃してしまって、花見を楽しんだ年も少ないです。
 メリットデメリットを比べると、仕事をしている方には申し訳ないですが、時間的な余裕がずいぶんできたように感じます。まあ、まだ1か月くらいなのでそんなことをいっているので慣れてしまえば、特に何も感じなくなるのかもしれませんが。

みなさまもお花見はどうされますか?

お願い。下の「今日の料理」の看板をクリックしていただければ、ランキングに参加している順位が上がります。まだ、下の方です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

 〇このブログの内容に関するお問い合わせやご感想はtingisuhan01@gmail.comでお寄せ下さい。
■個人情報の管理 当サイトは、「お問い合わせフォーム」から得た、個人名、電話番号、メールアドレスなどのいわゆる「個人情報」を、お問い合わせいただいた内容についての確認・相談、情報提供のためのメール送信(返信)の目的以外には使用しません。